【わたしのゴルフスタイル】vol.1 ゴルフがきっかけで結婚しました!

それぞれのスタイルでゴルフを楽しんでいる”ゴルフ好き!”を紹介するコーナー「わたしのゴルフスタイル」がスタートしました。

記念すべき第一回目は、ゴルフがきっかけで出会った泉川夫妻です。

1

まずはゴルフをはじめたきっかけについて聞いてみました。

泉川寛茂さん(ゴルフ歴 22年)
「沖縄から東京に就職したんですが、当時の社長に“ゴルフやろうよ”と、おさがりのクラブ一式をもらいました。その時はあまり熱心じゃなかったんですが、同窓会で故郷の沖縄に帰省した時、同級生がみんなゴルフがうまい!(※沖縄はゴルフ環境がとてもいいんですよね) それがめちゃくちゃ悔しくて、東京に帰ってきてから毎日練習場に通いました。ただし自己流だったので、完全に野球打ち(中学時代は野球部!)。初めはどのクラブで打っても150ヤード(笑)。そこで、本や雑誌を見て猛勉強。クラブの性能を理解するところからはじめて、1年で100を切れるように。以来完全にゴルフにハマってしまいました」

泉川由美子さん(ゴルフ歴 10年)
「私は、行きつけの居酒屋のマスターにすすめられて。マスターの奥様のおさがりのクラブをいただき、店主催のコンペに参加するようになりました。でも、まったく向上心がなくて(笑)、ろくに練習もしなかったので全然当たらない。いつも150くらい叩いていたからぜんぜんおもしろくありませんでした。3年くらいそんな感じでいたんですが、ある時突然、100を切りたくなったんです。すぐにスクールに入って、毎日練習しました。そうしたら3か月で100を切れて、その後は順調に90切り、80切りを達成。いまでは競技に出るまでになりました」

そんなふたりが初めて出会ったのは、寛茂さん行きつけのお店のコンペ。由美子さんの行くお店と店同士が親しかったそうです。とはいえ、その日は言葉も交わさなかったとか。後日、寛茂さんは店の奥さんに「教えてほしい」と練習場に誘われました。そこに現れたのが、由美子さん。奥さんは、由美子さんにも声をかけていたのです。練習後、食事でも、ということになり、3人で夜更けまでゴルフ談議に盛り上がりました。そんな日々が続く中で、ふたり自然と付き合うようになり、2年前に入籍。「式はしなくていい」と思っていたところ、友人から強く勧められて、昨年、ゴルフ場で結婚式を挙げました。

4 3

 

 

 

 

 

 

寛茂さん
「いまは月に1、2回は一緒にラウンドしていますが、いつもスクラッチなんです。悔しいので、頼まれない限り教えたりしません(笑)」

由美子さん
「よく、一緒にゴルフをするとケンカになるご夫婦を見ますが、私たちはケンカになりません。だんなさんが無理やり教えない、というのが夫婦円満の秘訣だと思います!」

2

最後に、ウエアもさりげなくお揃いにしておしゃれも楽しむおふたりに、ゴルフの魅力について聞いてみました。

寛茂さん
「なんといっても、人脈が広がること。ゴルフ場では、みんな対等。普段話すことなんてありえない役職の上司や、まったく違う職業の人、一流企業の社長さんでさえ、ゴルフ場では気軽に話しかけてくれる。こんなスポーツ、ゴルフ以外にない。ゴルフをしないという人には“とりあえずやっとけ”と、強く勧めたいです」

由美子さん
「おしゃれを楽しめるのも魅力です。普段はミニスカートなんて履けないけど、ゴルフ場なら大丈夫。ペアルックを楽しんだり、小物でアレンジしたり。女友達との情報交換もよくしています。もうひとつは、健康になれること! 肩こりや風邪をひきがちだった友人が、ゴルフをはじめたら体調がよくなりすごく健康になったんです。“ゴルフなんて絶対しない”と言っていたクセに今では私より熱心です(笑)。女性の皆さん、ゴルフをするとキレイになれますよ♪」

共通の趣味があるカップルって、素敵ですね。