【わたしのゴルフスタイル】Vol.5 チーム戦だから盛り上がる! ビギナーからシングルまで楽しめる「スクランブルゴルフ」で広がる友だちの輪

それぞれのスタイルでゴルフを楽しんでいる“ゴルフ好き!”を紹介するコーナー「わたしのゴルフスタイル」。今回は、「ゴルフを通じて、楽しみながら広がる人の輪を大切にしたい!」と、自らコンペを企画。「グリーンスマイルカップ」と名付け、毎回30代から50代の男女数十名の参加者を集める坂東枝美子さんにお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂東さんは、埼玉県所沢市でゴルフ練習場を営んでいて、仕事柄、多くのゴルフ関係者とのつながりを持っています。でも「グリーンスマイルカップ」は、ゴルフ業とは一線を画し、業界とは全く関係のない仲間たちを集めて行っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じつは私、ゴルフ練習場を家族から引き継ぐまで、ゴルフに全く興味がなかったんです。もともとスポーツが苦手で、ゴルフは特に難しそうだし。でも、経営者や地域の方、ママ友など、ゴルフ関係以外のお仕事をされている方とも知り合うようになり、ゴルフ好きがたくさんいらっしゃることを実感。昔から、仲間を集めて大小いろいろなイベントを企画するのが好きだったこともあり、コンペを開いて交流の場できたら、という気持ちがわいてきたんです。もちろん私もゴルフを始めました」

 

ただ、コンペの開催にあたりひとつ問題が発覚。お仲間の中にはシングル級の腕をもつ人から、始めて間もない女性もいる。「どうしたら、全員に楽しんでもらえるのか……」。悩んだ末に坂東さんが思いついたのが、チームでスコアを争う「スクランブルゴルフ(※)」でした。

(※)スクランブルゴルフ=全員がティショットを打ち、チーム内でベストポジションと思われるボールを選択。その地点からチーム全員が打つ。セカンド以降ホールアウトするまでこれを続ける。ベストポジションのボールから打てるので、いいスコアが出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビギナーの女性にも気軽に参加してほしかったし、うまい人はチームのいわば隊長役として貢献するやりがいもあります。なによりチームワークが大切なので、ストロークプレーでラウンドするより、相手との距離が縮まりやすいんです。実際、コンペが終わった後日に、一緒になったチーム単位で遊びに行ったりするケースも少なくないんですよ。そういう報告を聞くと、やってよかった、とうれしくなります」

また、「うまい人にもゴルフを楽しんでほしい」と、スクランブルはハーフだけ。もうハーフは新ぺリアのストロークプレーを採用したのも坂東さんのアイデア。

「組数が多いのでインスタート組とアウトスタート組に分けていますが、より公平になるように、スクランブルとストロークを同じハーフにしています。賞品をそれぞれに用意するのはちょっと大変ですが、みなさんの楽しんでいる姿を見ると、またやろうって気になるんです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は大好評。今年の7月で5回目を迎えましたが、リピーターはもちろん新規参加者も増えているのだとか。

「ゴルフはスコアを求めるスポーツで、実際それを楽しみとしている方が多いとは思いますが、英会話や異業種校了、ビジネスの勉強会など、人とのつながりや仕事をスキルアップするためのツールという魅力もあると思うんです。そういう意味でも、100を切れない人でも楽しめるスクランブルゴルフは最適ですよ」

みなさんも、仲間同士でスクランブルゴルフを試してみてはいかがでしょう。いままでと違う、ゴルフの魅力を発見できますよ。